サプリメントって直接体内に取り込むものなので、効果は勿論大事ですが、安全性も重要なポイントですよね?

マシュマロヴィーナスを使用して危険性があるのか?成分を調べてみました!

マシュマロヴィーナスの危険性は?

成分一覧

・プエラリアミリフィカ末…タイやミャンマーで自生しているマメ科クズ属の植物。女性ホルモンに似た働きをします。

・ラズベリーパウダー…自然のラズベリーをのそままパウダーにしたもの。甘酸っぱいラズベリーの味が強くします。

・アグアヘエキス末…ペルー等のアマゾン地域で収穫されるフルーツのエキス。植物エストロゲンやβカロテン、ビタミンEやビタミンCを含んでいます。

・ワイルドヤムエキス末…メキシコ原産のヤマイモの1種ワイルドヤムから抽出したエキス。女性ホルモンの1種であるプロゲステロンに似た作用があります。

・コラーゲンペプチド…コラーゲンを消化吸収しやすいように、細かく酵素分解したもの。

・エラスチン加水分解物…エラスターゼ等で加水分解し、可溶性にしたもの。コラーゲン繊維を結び付け、肌のハリや弾力性を高めて維持してくれます。食品用途として多く利用されている成分です。

・アサイー末…ブラジル原産のヤシ科の植物の果実であるアサイーを粉末状にしたもの。ポリフェノールはワインの約3倍で、強力なアンチエイジング効果があります。

・プロテオグリカン含有サケ軟骨エキス末…口径摂取が出来ます。抗炎症作用、保湿性の他にEGFと同じような作用があります。

・セラミド含有米エキス末…お米から抽出されたセラミドです。天然由来の植物性なので安心して使用出来る成分です。

・ザクロ果皮エキス末…ザクロ果皮から抽出されたエキス。女性ホルモンに似た作用があります。

・白キクラゲ多糖体…ヒアルロン酸を超える保水力があります。胃の中で膨潤して満腹感を示します。食欲抑制作用や便秘改善効果が期待出来ます。

・メロンプラセンタエキス末…メロンの胎座から抽出した植物性プラセンタ。アミノ酸やミネラル、ビタミン等が含まれています。

・チェストツリーエキス末…欧州で親しまれているハーブの1種。ホルモンバランスを整えてくれる作用があります。

・マキベリー果汁末…ホルトノキ科のマキという植物の果実を粉末にしたもの。ビタミン、ミネラル等が含まれています。ポリフェノールはアサイーの5.4倍も含まれていると言われています。

・甘味料

(キシリトール…天然の代用甘味料。WHOでも安全性が認められています。)

(アスパルテーム…人工甘味料。砂糖に比べて200倍の甘味を持つので、使用量とカロリーを抑えることが出来ます。多くのカロリーゼロ、ノンカロリー食品等に使用されています。)

(L-フェニルアラニン化合物…たんぱく質で構成されたアミノ酸。必須アミノ酸の1つであるフェニルアランを化合して作ったもの。アスパルテームの原料です。)

・PH調整剤…加工食品の腐敗防止、変色防止等の為の食品添加物の総称。ほとんどの加工食品に使用されています。

・ゲル化剤…食品をゼリー状に固める為に使用されます。ゼリー等に使用されている成分です。

・香料…食品香料。食品衛生法により安全性が認められたものしか使用出来ないので、安全性は高い成分です。

・クチナシ赤色素…クチナシの果実から抽出、生成される天然の色素の着色料です。

・乳化剤…水と油等の混じり合わない成分を均一に混合する作用があります。アイスやチョコレート等の多くの食品に使用されています。

・グレープフルーツ種子抽出物…グレープフルーツの種子から抽出した天然由来の抗菌製剤です。

・ヒアルロン酸…結合組織の主成分。人体に存在している成分です。高い保湿性、水分保持力があります。

こうして成分を見てみると植物等から抽出された天然由来の成分や、普段摂取している食品にも使用されている成分ばかりなことが分かりました。

ですのでマシュマロヴィーナスを使用して危険なことは無いということが分かりました。

マシュマロヴィーナスを使用して副作用はあるのか?

成分に副作用が出てしまう可能性があるものがあります。それは「プエラリアミリフィカ」です。

プエラリアミリフィカは女性ホルモンに似た働きをする作用があります。用量を守らずに飲みすぎてしまうと頭痛や吐き気、生理不順等の症状を引き起こしてしまう可能性があります。

ですので摂取し過ぎずに、必ず用量を守って使用するようにしてください。

また、女性ホルモンに作用するプエラリアが配合されていますので、妊娠中や授乳期、生理中のマシュマロヴィーナスの使用は中止しましょう。

マシュマロヴィーナスの口コミはこちら>>

 

公式サイトはこちら

http://whitelabel-ol.jp